配送について

Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
A商品にもよりますが基本的にはご注文確定後、1~2営業日以内に発送いたしております。Hana tableは注文を頂いてから仕上げをしますので10日ほど頂いております。ある程度の配送ご希望指定日をお聞きしております。御注文する際にお知らせください。
Q配送業者は
A商品によって異なります。小さい物は郵便局のクリックポストにてその他は一般的に佐川運輸での取扱いとなります。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

Q
A
Q
A

Hana table(ハナテーブル 直径1,100mm) 脚部のみ(ガラス天板無し)

¥ 240,000

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • 設置後の写真を提供いただければ送料無料

    hana-tableのご購入後に写真をお送りいただければ送料無料いたします。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 0JPY
  • 佐川急便

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 3,000JPY
Report

Hana Table(ハナテーブル 別名:Sakura table)は、2009年のミラノサローネ・サテリテにて花をテーマにして発表されたくさんの賞賛をいただきました。

このHD1100はダイニングサイズ用(直径1100㎜,高さ約720㎜)に開発しました新商品になります。

サイズ : 1100Φx710~730H㎜ 
素材  : ブナ合板 

脚部(木部)のみ、ガラス天板無しの販売になります。
アクリル板など26キロ以内でご用意してください。

2009年のミラノサローネ・サテリテにて花(hana)をテーマにして発表!

ミラノサローネレポート2009 TOP5デザイン

ミラノサローネレポート2009 TOP5デザイン

ミラノサローネレポート2009

ミラノサローネレポート2009

ミラノサローネレポート2009

ミラノサローネレポート2009

花びら(脚部)を5枚重ね合わせ硝子を乗せただけのシンプルな構造

同型の花びら(脚)を5枚重ね合わせ硝子を乗せただけのシンプルな構造ですがお部屋の中心でダイナミックに咲きます。
折り紙の技法からデザインアイデアが生まれました。組木の技法によりボルトや釘を使わずに硝子天板を支え自立します。花びら(脚部)を少し曲げることにより美しい曲線が生まれ、スパイラルに組まれることにより更なる硝子ごしに楽しむことが出来ます。
硝子上から覗き込むとダイナミックな花の形を見ることが出来るのと同時に綺麗な木目を楽しみながら木のぬくもりを感じることができます。

海外のお客様を中心に多くのお客様に喜んでいただいております。

Hana Table(ハナテーブル) HC900(直径900mm)の実際の利用例。
HC1100とはサイズが異なりますので、ご参考までに。

スイスのお客様

スイスのお客様

フィンランドのお客様

フィンランドのお客様

アメリカのお客様

アメリカのお客様

パリにて

パリにて

マレーシアのお客様

マレーシアのお客様

海外の雑誌などのメディアでも取り上げていただいております。

マレーシアのHomePrideマガジン

マレーシアのHomePrideマガジン

ロシアの雑誌にて

ロシアの雑誌にて

ドイツの家具雑誌(Germany furniture year book 2010/2011)にて

ドイツの家具雑誌(Germany furniture year book 2010/2011)にて

フランスの雑誌にて

フランスの雑誌にて

バタフライチェアで世界的に有名な天童木工さんでOEM製造

Hana table(ハナ テーブル)はバタフライチェアで世界的に有名な天童木工さんにてOEMで作られています。合板はプレス機械によって大量に早くというイメージがありますが、一台ずつ丁寧に作られています。微妙な削りだしは機械ではなく手作業で行われます。
表面の合板はもちろんですが、断面もきれいに見えるよう材料の選定に重ね合わされ合板先進国の北欧の技術に負けず劣らず、日本人にしか出来ない美しい仕上げになっています。

癒される使い方も。

ガラス天板と脚との間にくぼみがあります。お花や雑貨などのお気に入りの物を置いてテーブルを使いながら眺めることも出来ます。